生命保険金は相続する遺産になる? - 知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求

知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求 > 生命保険金は相続する遺産になる?

生命保険金は相続する遺産になる?

相続が開始されてから請求することの多い生命保険金。
これも相続する遺産の一つに見えるでしょう。
受取人が遺族、もしくは遺産分けの対象になった特定の個人になっており、それらの方が生存しているなら、それは遺産に含めないことが多いです。
それら保険金は故人の財産には属さず、そのまま受取人へと支給されるからですね。
ただ、場合によってはこれが相続する遺産の対象になる場合もあります。
注意点として知っておくといいでしょう。

コレが遺産となるのは、たとえば保険金の受取相手が、故人その人になっていた場合です。
あまり多くはないケースですが、自分が死亡したときの支給金の受取人を、自分自身に設定することも一応は可能です。
支給された本人がそのお金を使って何かすることはないわけですが、それら保険金の請求権や、それを使って得たお金は、相続した遺族が引き継げますので、遺族を受取人に設定したときと結果的には同じですね。

ただし、最初から遺族を受取人にしたときと違って、このケースではその保険金が一度故人のものになったあと、それを遺族が相続したという扱いになるんです。
ですから、その生命保険金も相続する遺産に含めます。
法定相続人で遺産分割協議をする際は、この生命保険金をどう分けるかも協議する必要があるんですね。

このようなケースのほか、比較的よくある例として、保険の受取人が先に亡くなっていたケースがあります。
すでに死亡した相手を受取人にしたことを忘れたまま、生命保険の契約者が亡くなり、その保険金の請求権が発生したとしましょう。
このとき、受取人もすでに亡くなっていますので、一度その請求権が亡くなった受取人のものとなり、それをその受取人の相続人が引き継ぐ形になります。
少しややこしいですが、生命保険金が一度亡くなった方のものになる点は、最初のケースと同じです。
ですから、コレを相続する遺族は、その生命保険金を遺産として扱うことになります。

基本的には遺産に含まれないことの多い生命保険金ですが、ご紹介したような一部の条件では、遺産に含まれる場合があります。
これら条件には注意してください。