生命保険金、時効を過ぎても請求できる? - 知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求

知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求 > 生命保険金、時効を過ぎても請求できる?

生命保険金、時効を過ぎても請求できる?

身内が亡くなって相続問題が起きているとき、あわせて生命保険金の請求も問題になりますよね。
死亡によって保険金が下りる条件なら、これもぜひ請求しておきたいところでしょう。
しかし生命保険金には請求期限があり、それを過ぎると時効を迎えて請求権自体がなくなります。
つまりもう請求できなくなり、したとしてもお金が振り込まれないこともあります。

時効を迎えるその期限はだいたい3年となっており、これまでに保険会社へと請求するのが基本です。
まずはここを押さえたいですが、何らかの事情で請求ができず、すでに故人が亡くなって3年を過ぎた場合、本当にもう請求はできないのでしょうか?
これはぜひ知っておきたい注意点なのですが、実は時効を過ぎても支払いに応じてもらえる場合もあります。
ですから、故人が亡くなって3年を過ぎても、一応は保険会社へと連絡してみることをオススメします。

請求期限を過ぎても支払ってもらえるケースとは、まずはその保険の支給条件に当てはまっているのが明確な場合などですね。
たとえば交通事故で亡くなった場合にお金が下りる保険に入っていた方が、その保険が想定している事故でまさに亡くなっている場合などです。
保険金の支払いに異議の挟みようがない、明らかな条件であれば、期限を過ぎていても請求すれば支払ってもらえる場合があります。

このようなケースもよくあるのは、故人がその生命保険に入っていた事実を、遺族や保険の受取人が把握していない場合も多いからです。
かなり時間が経ってから保険の証書などが出てきて、生命保険のことが発覚するという事例も多いんですよ。
ですから、時効となる期限は一応あるんですが、それを過ぎても一応は請求してみることをオススメします。

ちなみに、時効を過ぎたものが本当に支払われるかは、各保険会社によりますので、絶対ではありません。
やはり確実なのは、期限内に請求したものです。
それ以降はあくまで会社ごとの方針によりますから、生命保険金の請求権があるときは、早めの請求を心がけてくださいね。