生命保険金の請求期限 - 知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求

生命保険金の請求期限

相続が起きたとき、故人に生命保険がかかっていれば、生命保険金を請求できますよね。
ただ、これにも請求期限があります。
スムーズに受取したいなら、この請求期限内にやるのがオススメです。

基本的な期限は、3年となっています。
十分な期間がありますが、これをすぎると請求する権利がなくなるため、早くに連絡していれば普通に保険金が下りたような条件でも、それが下りなくなる場合があります。
それくらい期限は大事ですから、生命保険がかかっている方がなくなったら、早めに請求をしてください。

請求期限の確認方法ですが、まずはその生命保険の規定を確認しましょう。
その保険の基本的な条件や利用方法は、原則その規定に準じます。
請求期限についても書かれていることが多いので、ここを参考にしてください。
ちなみに、すべての生命保険で、3年以内であれば必ず請求できるとは限りません。
保険の適用条件は各保険会社やその商品にもよります。
だいたいの保険で期限は3年となっていますが、場合によってはこれ以外の期限が設けられている場合もあります。
もちろんあまりにも短い期限、たとえば被保険者が亡くなってから半年程度しか保険金請求ができないといった事例はあまりないのですが、早めに請求するに越したことはありません。

生命保険金がおりる可能性があり、請求したいと思っているなら、相続問題が片付いて落ち着いた頃に請求するといいでしょう。
また、請求する時期は、この期限内であれば問題はありませんので、故人が亡くなった日からかなりの日数が経っていても、保険金請求はできます。

たとえば故人が亡くなった日からすでに2年と半年が経過していると、そのときになってまだ保険金請求ができるのか、日常的な感覚では少し不安になるところでしょう。
しかし故人が生命保険に入っていたことを誰にも告げていなかった場合、それくらい時間が経ってからその事実が判明することもよくあります。
そのときも、その保険の請求期限さえ過ぎていなければ特に問題はなく、保険金の受け取りに不利になることもありません。

相続時に発生する生命保険金請求の期限は、このようになっています。