生命保険金と相続の関係は? - 知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求

知っておきたい!相続の時にできる生命保険金請求 > 生命保険金と相続の関係は?

生命保険金と相続の関係は?

生命保険金が下りるのは、だいたいはその被保険者が亡くなったときですよね。
そのときに受け取れるお金で、しかもまとまった金額になることも多いですから、相続と強く関係するように見えるでしょう。
実際にこれらは関係あるのでしょうか?

ケースによっては関係する場合もあるんですが、直接は関係ない場合も多いです。
そもそも生命保険金は、故人の財産だったわけではありませんよね。
故人が亡くなったことで初めて支給されるお金ですし、支給されたお金は、一度故人のものになるわけでもありません。
一度も故人の所有物になることなく、受取人に支払われるお金ですので、相続財産として扱われないことも多いんです。
支払われたお金も、相続人同士で必ず分割協議をするものでもありません。
タイミング的には相続問題と同時に起こるものですから、間違えやすいポイントですね。

ですから、受取人となる相手も、相続人とは限りません。
たとえば受取人を妻に指定している場合、相続人として他に子供が何人かいても、生命保険金を受け取れるのは妻となります。
相続人だからと、他の子供が請求してもお金はおりません。

これは、受取人がそもそも法定相続人でないケースでも同じです。
たとえば法定相続人は故人の子供だけで、この子供とは血のつながりのない、晩年にできた内縁の妻がいたとしましょう。
生命保険は1件だけで、受取人がこの内縁の妻だったとします。
このとき、籍を入れていない内縁の妻には、相続権は一切ありません。
事実上の後妻だったとしても、正式に籍を入れていない限り、法定相続人にはならないんです。
そのため、故人の遺産は一切相続できませんが、生命保険金の受取相手に指定されていれば、そちらのお金を受け取れます。
このお金がそもそも相続と関係ないお金だからですね。
相続人となる子供には生命保険金の受取資格はなく、請求したとしてもお金はやはりおりません。
内縁の妻が受け取ったお金を、相続人となる子供と分け合う必要もないんです。

このように、生命保険金は相続財産と思われがちですが、関係ない場合も多いです。